御礼

10/22、サントリーホールに於いてのTRIPLE PIANO「George Gershwin best selection & Turandot」にご来場ありがとうございました。
無事に終了致しました。
また次回の公演をお楽しみください。

「George Gershwin best selection & Turandot」
ACT-1
1.「小序曲 〜くるみ割り人形より〜」(チャイコフスキー)
2.「金平糖の踊り 〜くるみ割り人形より〜」(チャイコフスキー)
3.「花のワルツ 〜くるみ割り人形より〜」(チャイコフスキー) 
4. 佐藤允彦ソロコーナー
「24のプレリュード・作品53より9番・10番」(ニコライ・カプースチン)
5. 羽田健太郎ソロコーナー 世界的ピアニストが何故かステージで弾かない名曲とは…
「エリーゼの為に〜乙女の祈り〜ショパンの幻想即興曲」 
6.「トゥーランドット」(プッチーニ) 

ACT-2 George Gershwin best selection
1.「'S Wonderful」
2.「Summertime」
3.「Oh Lady Be Good」
4.「Strike Up The Band」
5.「The Man I Love」
6.「Rhapsody In Blue」

アンコール
1.「I Got Rhythm」




前田憲男

ご来場を感謝いたします。
大半の方がリピーターと思われますので今年の情報二つ。

その一:オミヤが天国へ移転。
その二:左手マヒの再発。

(1)
「ザ・ピーナツ」を中心に日本のポップス界に「宮川サウンド」を残した宮川泰氏が天国へ移転したが、私にとっては、プロになりたての大阪時代、共に青雲の志しを抱きつつ阪急宝塚線梅田駅の広大なビル空間でお互いに熱くJAZZを語り合った仲であった。彼との出会いで私の奏法が飛躍的に変化したことは事実で、いいライバルに出会えたと思う。
奇しくも、ハネケンは東京において、偶然かそれとも意図的か、オミヤと同じアパートの住人となり、夜な夜なオミヤ宅にのり込んで深酒をあおりオミヤ家の家財道具をブッ壊しまくったという「快挙」の歴史がある。
それでもオミヤのハネケンに対する友情は不変であった。
底抜けにやさしくフトコロの深い人だった。

(2)
今年5月に左手のマヒが再発。これには正直おどろいた。原因全く不明。
初回の経験から最低3ヶ月の恢復期間が読めたのでスケジュール調整は速かった。ピアニストにとっては命取りの障害であるが、複数の整形外科医の診断を総合すると、「ほっときゃ自然に治る」ということで、今回も
予定通り3ヶ月でカタがついた次第。
依然として原因不明状態が残っているので「再発の予防」は不可能である。
うまく行けば来年も首尾よくサントリー・ホールでお目にかかれる・・・予定である。


佐藤允彦

私が「職業音楽」の世界に足を踏み入れたのは17歳のときだった。
当然周りは年上ばかり。それから約半世紀が過ぎた今、ライブやレコーディングで顔を合わせるのはほとんど息子娘の世代になった。
「君の親、いくつ?」と聞くと50台、ときに40台。
だがしかし、トリプルピアノ+ウインドブレイカーズには先輩があまたおいでになる。
「お〜いトーサ」「マサヒコー」などと呼ばれると、一瞬にして1960年代の新人気分に戻れるのだ。日比谷の【マヌエラ】というクラブで演奏している《ウエストライナーズ》をステージ脇で聴きつつ、「教わることだらけだな〜、どうやったらああいう風にできるようになるんだろう、いつか追いつける日がくるのか」となかば途方に暮れた頃がよみがえる。
すると、最近練習さぼっているじゃないか、プレーが雑になってるぞ、と眠っていた「前向きなオレ」が目を覚ますのである。
早い話、栄養ドリンクみたいなものですね。だから効果は一時的。二週間もすれば「怠惰なオレ」が支配する日常に戻ってしまう。「怠惰」イコール「衰退」だ。先輩方とお会いできるこういう機会が
なければ、とめどなく下落して行くことだろう。
というわけで、トリプルピアノ、まだしばらくは続けて下さいな、
前田大先輩。


羽田健太郎

雨ニモマケズ

風ニモマケズ

チカラハ機関車ヨリ強ク

高イビルディングもヒトッ飛ビ

雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

丈夫ナカラダヲモチ

欲ハナク

決シテ瞋(イカ)ラズ

イツモシヅカニワラッテイル

1日ニハノン40分ト

連習曲ト少しノバッハヲ弾キ

アラユルコトヲ

ジブンヲカンヂャウ二入レズニ

ヨクミキキシワカリ

ソシテワスレズ

野原ノ松ノ林ノ蔭ノ

小サナピアノ小屋二イテ

東ニ練習嫌イノコドモアレバ

行ッテ手ホドキヲシテヤリ

西ニ疲レタソリストアレバ

行ッテ愚痴ヲキキ

南ニミスタッチ恐レル人アレバ

行ッテコワガラナクテモイヽトイヒ

北ニ暗譜不安デ眠レヌ人ガアレバ

ツマラナイカラ譜面ヲ見テ弾ケトイヒ

ワルツ弾クトキナミダヲナガシ

カデンツ忘レテオロオロアルキ

ミンナニデクノボートヨバレ

ホメラレモセズ

クニモサレズ

サウイウピアニストニ

ワタシハナリタイ
[PR]
by soulmedia | 2006-10-24 14:44 | Triple Piano
<< Head Rock 題名の無い音楽会21 >>